和歌山を中心とした関西・近畿エリアの防犯防災の頼りになる専門店『セキュリティフォーユー』

工場セキュリティ

security for factory

工場での防犯は、侵入者が外部にいる場合と

内部にいる場合を考えなければなりません。

工場の規模・種類にもよりますが、総じて従業員の人数が多く、出入する業者も多いのですから、当然対策が必要となります。

 

「工場は現金を置いていないので泥棒に入られない」と考えている方もまだまだ多いようですが、工場は無人になってしまったときに侵入されやすい建物が多く見られます。それは、扉が壊されやすいものだったり、死角になっている窓があったり、休日や夜間には人気が全くなかったりする、という事です。

工場の防犯対策として、基本は敷地内に不審者が入れないようにすることです。

そのためには、塀やフェンスなどで領域を明確にして不審者の接近を制御する物理的な防御が必要です。また、不審者の侵入防止のためには、赤外線センサーや感圧センサー、フェンスセンサーといった侵入検知センサーを設置し、塀やフェンスを乗り越えようとする不審者をすぐに検知し守衛室に知らせるとともにベルやサイレンで威嚇撃退するということが大切です。

広域な敷地の場合、死角をなくすために防犯監視カメラを設置し、自動録画することも必要です。また、入退室管理システム・外周警備システム・倒れコールシステム・炎検知システムなどと連動し、各種センサーが異常を検知すると自動録画を行います。

資材置き場などでは、鉄の高騰により導線などの盗難が多発しています。異常を検知し管理者の携帯電話へ映像を送信するシステムが有効的です。

場合によっては、FOMA対応携帯電話ですぐに現場の映像が確認でき、音声での威嚇が出来ます。

工場で盗難が起きると、その被害は物がなくなるだけでは済みません。警察に被害届を出すと、鑑識活動が終わるまでは現場は動かせませんので工場ではラインが停止してしまいます。機器が破壊でもされていれば、修理するまでの期間、さらに業務が停止を余儀なくされます。

また、顧客からの大事な預かり物や、シンナー・薬物・工具といったものが狙われています。自分の所で盗まれた物が、別な犯罪に使用されるという例もあります。当然その場合は社会的管理責任の追求を免れなません。

 

あくまで例え話ですが、実際に危険物が盗まれ、重大事件になった例も存在しますので、リスクをしっかりと認識して、最低限の対策は施しておくべきです。

代表挨拶

a greeting

代表取締役

原 亮介

防犯設備士

第07-17211号

凶悪化する社会から少しでも多くの方に「安心」していただくため、セキュリティシステムの導入をわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。より効果的に、より経済的に、大きな安心感をセキュリティシステムを通して感じていただき、お客様に安心して生活していただける環境を提供していきたいと、弊社は考えております。

 和歌山を中心に泉南阪南、関西・近畿エリアの防犯防災セキュリティの専門店セキュリティフォーユー。多数の防犯防災用品を取り扱いしております。何でもご相談ください。

施工例

examples

 ※価格につきまして・・・

 本システムはカメラの種類、現場の規模、システムの内容から、かなりの価格差が有ります。

 ご予算や要望に沿って的確なプランニングを致します。

 お気軽にご連絡下さい。専門の防犯設備士がご訪問、無料見積りをさせて頂きます。

▶ページ上部へ

Copy RIght (c) Security For You Inc.  All Rights Reserved.